ビニール袋の使用方法

ビニール袋とは、ビニールで作られた袋で、耐水性に優れた袋全般を指します。

ビニール袋の使用方法は複数あり、買い物時の商品を入れたり、ゴミを入れたり、水分の多い物をカバンの中で濡らさないようにするためなどです。

スーパーで買い物をすると、レジ袋に商品を入れます。自分で袋を持参すると、袋代として数円の値引きや、スタンプを押され、そのスタンプは割引券となる店舗が存在します。
商品を袋詰めする台にもビニール袋があり、それは自由に使うことができます。例えば、水分の多い物や細々としたものを入れるのに便利です。

ゴミ袋として多く使用されます。地域で指定されている場合もありますし、自由な袋に入れて捨てて良い地域があります。ゴミ問題の関係で地域指定とされている物は、有料で、袋を購入してゴミを捨て、指定外のものでゴミを出しても、持って行ってもらえません。自由な袋の場合は、袋の色の指定がある地域があります。
ゴミ袋の大きさは、45リットル・70リットル・90リットルなどがあります。

水分の多い物をカバンに入れる使用方法もあります。赤ちゃんの使用済みおむつや、銭湯に行った際に使用したバスタオル等を袋に入れ、濡らしたくないカバンに入れるとカバンを濡らさずに済みます。

プレゼント用とした袋もあります。かわいらしいプリントの袋は、袋の割には高価な値段で雑貨店などで販売されます。誕生日プレゼントや、イベント用のラッピングに使用されます。

雑貨店や服屋で買い物をすると、プリントのされたしっかりとした袋に入れてもらえる店があります。その袋は買い物終了後でも日常的に使えるほどデザインされ、頑丈に作られています。

小さい袋は、食品を入れることに向いており、余った炊いたご飯や、使いかけの野菜、使いかけの調味料など、匂い移りが少なく耐水性に優れるため、食品をそのまま入れて保存する事に向いています。
また、お祭りで金魚すくいをした金魚を家に持ち帰るためにも使用されます。

袋は料理をする際にも使用できます。手を汚したくないけど、手でこねなければならない場合、袋に材料を入れて外から揉み混ぜると手を汚さなくて調理ができます。
袋の中で調理を完了させる料理もあり、たとえば漬物の野菜と元を入れて揉めば完成です。

大きい袋は雨合羽として使用する事ができ、頭と腕の部分を切り抜いてかぶれば、即席の雨具になります。
災害時には緊急用のトイレとして使用する事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*